LOG IN

見える議会と見えない議会

by koto

先日公開したブログの閲覧数がぐんぐん伸びている。
https://democracafe.goat.me/5WQxK0Ds
「米子高島屋問題」に対する関心の大きさが伺える。

前回も書いたが、市民の関心が高いと思われる議題がなぜか本会議ではなく「全員協議会」で扱われる。
市議会の本会議や委員会は日程も話し合われる内容も議会ホームページに公開されているが、
全員協議会はいわばゲリラ的に開催される。
議員から直接情報を得なければ傍聴することも難しい。

その全員協議会のインターネット中継を求める陳情が今年3月の定例議会で不採択となった。
賛成した議員はたったの5人だったそうな。
平成29年米子市議会3月定例会付議案等議決結果一覧表
http://www.city.yonago.lg.jp/secure/16192/kekka29.3.pdf

以下は、陳情をした市民のfacebookへの投稿(私ではない)

「議会は誰のためのもの?議会の主権はぎいんにあるの?先の米子市議会に 市議会の全員協議会などのインターネット中継の実現を求める陳情を出したがあっけなく不採択。その理由が、議会のことを市民につべこべ言われるのは「心外」という感じ。また議会改革は「議会の主権」であり、部外者(市民)はものゆうなということみたい。委員長のまとめでは「議会改革は議会の自立権の問題であり、議会に陳情があったからといって左右されるものではなく・・・」となりました。さすが米子市議会、市民の声には左右されない(聞く気も無い)自立した議会のようです。委員会議事録の抜粋と陳情結果の載せておきます。」

「議会の主権」とか「議会の自立権」とか市民の代表であるはずの議会が、なぜか市民と距離を置くような発言をしていることは気になるところ。

議会としては「常に開かれた議会」を目指してこれまでも改革を進めてきた。
ということなので、
周辺の主要自治体の議会情報公開について調べてみた。
各議会のホームページの情報のみですので不十分かもしれません。
間違っているところはご指摘ください。


本会議のTV中継 本会議のネット中継 委員会のネット中継 議員ごとの賛否の公表
米子市議会 なし 議会だよりのみ
鳥取県議会 ネット、議会だよりの両方
鳥取市議会 特別委員会の一部 ネット、議会だよりの両方
倉吉市議会 なし なし なし なし
松江市議会 なし 音声データのみ なし なし

さすが情報公開の最先端である鳥取県議会はすごい!
ここにあげた以外でも議会は全員協議会に至るまで全てネット公開あり。
議事録も全てネット公開あり。
傍聴環境の改善にも積極的で、託児もしてもらえる。

鳥取県議会は別格として、こうやって見ると、米子市議会の情報公開はなかなか進んでますね。
委員会の傍聴は、許可制のところも少なくないですが、
米子市ではいつでも傍聴できます。
パイプ椅子ですが一応傍聴席もあります。

それでもやっぱり平日の日中傍聴に行ける人は少ないです。
傍聴に行かないから市政に関心がないわけではないと思います。
議事録は見れるけど、
やはり議員さんと市長さんや行政職員とのやり取りの熱みたいなものも感じたい。

議会改革に努力してくださっているのはわかったけど、
そこに陳情までしている市民のニーズも反映してほしいな。

あと今回の陳情に対する反対の理由で一番多かったのが、
「全協の性質についての位置付け」ということですが、
見せてもいい議会とそうじゃない議会があるってことですか???



koto
OTHER SNAPS